お知らせ

わたしたちはどう生きるのか 〜JR福知山線脱線事故から20年【講演会&公開対談と書籍発行について】

2005年4月25日に発生したJR福知山線脱線事故は、多くの人の命を奪い、遺族や生き残った人たち、そしてその家族の人生を大きく変えました。その事故から、来年2025年で20年が経過します。
多数の死傷者を出した1両目に乗車していた福田裕子さんと2両目乗客の小椋聡さんは、その後、負傷者や遺族等の集まりに参加し続けたり、メディアの取材等を継続して受け続けたりして、事故の経験や思いをそれぞれの方法で伝え続けています。

両者は、事故から10年目の2015年4月にライターの木村奈緒さん主催で開催された「わたしたちのJR福知山線脱線事故—事故から10年」において、事故にまつわる絵画作品やパネル等を提供して展示を行い、同日開催されたトークセッションにも参加しました。
この展示会には連日数多くの人たちが来場し、事故を直接経験していない関東圏の人たちに事故の悲惨さを伝えると共に、生きることへのメッセージを伝えました。
こうした思いや経験はJR事故の被害者だけに限らず、様々な困難に直面した人が新たな人生を再び歩み始めるときに生きる勇気を与え、その後の生き方を共に考えるきっかけになるものであると感じています。

事故から20年目の節目を迎えるにあたり、2024年11月3日(日)東京・日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール)にて講演会&公開対談の場を設けるとともに、対談の内容を収録した書籍を出版する予定です。
この講演会&公開対談では、JR事故の被害者以外に、2011年3月11日に発生した東日本大震災の宮城県石巻市立大川小学校で家族3人を亡くし、自身も津波に飲み込まれた経験をされた只野哲也さん(当時小学5年生)や、その他の事件事故や災害などをとおして「いのち」に向き合う取り組みを行っておられる方をお招きしてディスカッションを行います。

多くの人との対話を通じて、「わたしたちはどう生きるのか」というテーマに向き合うことができる記録を残したいと考えています。

【講演会&公開対談

「わたしたちはどう生きるのか」講演会&公開対談 〜JR福知山線脱線事故から20年

日時:2024年11月3日(日) 13:00〜15:30
会場:日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール) 千代田区日比谷公園1-4
参加費無料

《プログラム》
第1部「講演会」

  • 福田裕子(JR福知山線脱線事故1両目乗客)
  • 小椋聡(JR福知山線脱線事故2両目乗客)
  • 只野哲也(東日本大震災当時 大川小学校5年生)

第2部「公開対談」

  • 講演会登壇者+聞き手:木村奈緒

会場とのディスカッション

《開催趣旨》

JR福知山線脱線事故では、遺族のみならず負傷者やその家族など、多くの関係者が声を上げてメッセージを発信したことが特徴のひとつでした。こうした公共交通機関での事故は、より複雑なダイヤで運行されている首都圏ではより深刻な課題であり、また、その他の社会安全に関わる事業者にとっても、学ぶべきことが多い事象でありました。

事故から20年という時間が経過する中で、事故を経験した人たちのその後の歩みは、より多くの立場の人たちに「生きるとは」「いのちとは」という課題を共に考えるきっかけを与えることができるのではないかと感じています。
そして、これらの課題をJR事故とは別の様々な立場の人たちと共にメッセージを発信する場として、より多くの公共交通機関が運行しており、災害などでの被害が甚大になることが予想される東京での開催は、事件事故、災害などの枠を超えた意味があると考えています。

また、現在の日本は、経済的な不安定さだけでなく自然災害の脅威や諸外国での戦争や近隣諸国との関係性の悪化など、生きることに漠然とした不安を抱えて明るい未来が見えにくい社会情勢にあって、自ら死を選択をする人が後を絶ちません。特に巨大地震については、今後、数年以内に必ずどこかで発生すると言われていて、不特定多数の人が巻き込まれることが想定されています。

こうした時代の中で、様々な経験を体験した方々との対話の中から、「それでも生きることは素晴らしい」というメッセージを伝えることができる内容にしたいと願っています。


【書籍発行】

「わたしたちはどう生きるのか 〜JR福知山線脱線事故から20年」

発行:2025年3月末〜4月上旬予定

《内容(案)》

第1部 2005年4月25日からのあゆみ

1章 JR福知山線脱線事故とは
2章 「わたしたちのJR福知山線脱線事故—事故から10年」展

  • 開催への思い
  • 展示内容
  • 来場者からの応答・反響
  • トークセッション採録

第2部 わたしたちはどう生きるのか

3章 わたしたちが生きる社会

  • 困難な時代に
  • それぞれの体験から(福田裕子/小椋聡/只野哲也)

4章 それぞれの「生きる」─公開対談から

 

【取材等のお申し込み・お問い合わせ先】

コトノデザイン(小椋 聡)

電話:090-7965-9964 メール:info@kotono-design.com

  • わたしたちはどう生きるのか 〜JR福知山線脱線事故から20年【講演会&公開対談と書籍発行について】 はコメントを受け付けていません
  • 講演会・勉強会
コメントは利用できません。

わたしたちのJR福知山線脱線事故ー事故から10年

最愛の人が「最期を迎えた場所」

脱線車両の1両目で重傷を負った女性 栞に込める思

“奇跡の少年”と呼ばれ葛藤も 人生をかける目標 「新しい街を

JR福知山線脱線事故からのあゆみ〜ふたつの鼓動(コトノ出版舎)

ページ上部へ戻る